hifu・ka web

手湿疹治療の基本とちょっとしたコツ

皮膚疾患治療シリーズの情報誌『 To Dermatologist 』をwebコンテンツとしてご紹介していきます。

第3回手湿疹治療の基本とちょっとしたコツ

長崎大学大学院 医歯薬学総合研究科 皮膚病態学分野 教授 室田 浩之 先生

手湿疹治療の基本と
ちょっとしたコツ

手は、人間の日常生活や仕事において欠かせない高度な機能を有する部位であり、さまざまな物質に触れる機会が多いことから、他の部位に比べ物理的・化学的な刺激による影響を強く受けやすい。このため手湿疹に悩む患者は多く、さらに治療を継続しながらも生活のために安静にすることができず、また仕事による手湿疹では原因となる物質からの回避が容易でない患者も少なくないと思われる。

皮膚疾患治療シリーズの第3 回は、長崎大学大学院医歯薬学総合研究科 皮膚病態学分野の教授で、「手湿疹診療ガイドライン」の作成委員でもある室田浩之先生に、手湿疹診療の基本と“ちょっとしたコツ”を紹介していただいた。

室田 浩之 先生

室田 浩之 先生

【ご経歴】

  • 1995年 長崎大学医学部 卒業、長崎大学 皮膚科学教室入局
  • 2002年 長崎大学大学院 卒業
  • 2003年 長崎大学 皮膚病態学分野 助手
  • 2004年 大阪大学 皮膚科学 助手
  • 2012年 大阪大学 皮膚科学 講師
  • 2014年 大阪大学 皮膚科学 准教授
  • 2018年 長崎大学 皮膚病態学分野 教授
  • 「手湿疹診療ガイドライン」のほかに、「アトピー性皮膚炎診療ガイドライン2018」の作成委員を務めておられる。
手湿疹治療の基本とちょっとしたコツ

冊子をご希望される医師・薬剤師の方、お気軽にお問い合わせください。

フリーダイヤル(医薬営業部 製品情報室)0120-189-567受付時間:月~金 9:00~17:30(祝日、当社休日を除く)

インターネットからのお申し込みお問い合わせ

医療施設への送付のみとなります。

【 関連製品 】

  • “ダイアコート”
  • “ドレニゾンテープ”
  • “ビーソフテン”

トップ